脱毛で気をつけたい埋没毛

脱毛のお手入れで気をつけたいことで、埋没毛もあります。
間違えたムダ毛の脱毛などは、埋没毛などの毛穴トラブルになることがあります。

脱毛を毛抜きでやるときなどは、起こりやすいので注意です。

ムダ毛が本来なら、皮膚の表面の出てこないといけないのに、皮膚の下にうもれてしまっているのが、埋没毛の状態になります。皮膚の上にまでスクスクと伸びてはいけなくなったムダ毛が、毛穴を通過して外には出ていけないまま、皮膚の下で成長をしてしまいます。
皮膚の下では、毛は伸び続けていますが、毛穴が塞がれてしまうため、そこからは出ていけないままです。

毛抜きでの処理では、よくあるパターンのトラブルです。
ムダ毛を引き抜くときに、生えている方向に引き抜いていないで、逆らって抜いてしまうと、途中で毛が切れてしまうことがあります。



そういった無理に逆らうような方向に引き抜くことを、何回も繰り返してしまうと、毛穴のこういったトラブルは少なくなりません。



仕上がりがキレイだからといっても、毛抜きでの無理なムダ毛を抜く行為は、肌への負担になります。毛抜き処理は数本を抜くのであれば、方向を間違えないようにすることです。



埋没毛は、そのうちに自然に出てはきますが、みつけるとかなり気になります。

無理やり皮膚からだそうとはしないで、その分肌へは保湿をしてあげたほうがいいでしょう。

肌は保湿をすると潤うので、肌サイクルも良くなって、ムダ毛のサイクルも良くなるからです。